多汗症



多汗症とは?

汗は誰でもかくものですし体臭の代表的な原因ではありますが、これがないと体温調節をはじめとする重要な機能が失われてしまいます。

しかし汗が何らかの原因で異常に多く出てしまう症状を「多汗症」といいます。

多汗症は、不安や緊張といった精神的なストレスが原因で交感神経が正常に働かなくなり、本来の発汗の原因である体温の上昇とは無関係に汗が過剰に放出されることで起こります。

汗が大量に出る場所はさまざまで、特に頭、手、脇、足の裏に多く見られます。

> 多汗症を7日で改善する方法

私の多汗症克服体験談

日常生活に支障をきたす多汗症

字を書こうと思ったら大量に出てて入る汗で紙が破れてしまった、他の人と手をつないだときに手が汗でべたべたになっていた、などのきっかけから多汗症に気付くことが多いようで、症状の方は手足に湿り気を感じる程度のものからしたたり落ちるほど濡れているというケースまでさまざま。

体臭などエチケットの側面以外にも日常生活に支障が出る場合もあり、ピアノの鍵盤がすべって上手く弾けない、パソコンが汗で壊れてしまった、他の人に不快な思いをさせてしまったなどの問題が生じることも多々あります。

詳しくは後述しますが、多汗症にはメンタル的な側面も大きく関わっているのです。

脇汗をなんとかしたい!

顔の汗をなんとかしたい!